愛媛県議会議員 明比昭治 いきいき西条 元気な愛媛!! 「輝くふるさと愛媛づくり」
梅雨が明ければ・・。(2015/7/1)

穏やかな日々であってほしいものだ。
 今年も梅雨は集中豪雨をもたらせ、また日照不足で野菜の収穫が思わしくなく、値段も高騰のようである。
日経平均株価が2万円を超え、18年ぶりの高値となったなどと言われているのだが、私は株に興味を持っていないので良くわからないが、庶民にとってはまだまだ景気が良くなった実感もなく、諸物価の値上がりでかえって家計が苦しくなっている声が相変わらず強い。
株価についてもギリシャが財政破たんでデフォルト(返済不履行といって借金を返さない)を宣言するやら・・・で、EUとの関係もおかしくなって、世界経済も混乱をきたしそうな様相で、気が抜けない。
どこまで行っても重苦しい空気が漂っており、何とかスカッとする兆しでも見えないものかと思う今日この頃だ。

 国会では会期を95日間も延長して、安全保障関連法案を何とか早く成立させようと安倍政権懸案の法整備を狙っているのだが、やっぱり防衛問題となるとこれまで自衛隊があるものの武力の行使はなく、悲惨な戦争体験や敗戦体験がある故に9条の戦争放棄が平和の尊さを守ってきた証左であり、安全を守るためとはいえ戦争に巻き込まれかねないとの危険回避の思いが強く、「絶対に戦争はしない」との明確な姿勢を示さなければ、国民の理解は得られないだろう。
こんな難しい審議状況の中、自民党の若手が沖縄の基地問題を含め、思い上がった発言で慎重な審議に水を差し、混乱に拍車をかけている。
国際情勢や周辺諸国の情勢を見ていて、何の防備もしないで安全が守られないことは国民も判っているのではないだろうか?
小さなことの言質を責め合うような事でなく、一人ひとりの責任をわきまえ、相手を尊重するという、穏やかな議論や空気を大切にしよう。

 先の大東亜戦争終結から70年を迎えるが、時代の変節は大きく変動している。
化石となってはいられないのだから、それに対応する能力を当然持たなければならない。憲法問題も含め良識ある判断力を持つ日本社会としよう。
愛媛では伊方原発の再稼働問題への取り組みが、いよいよ決断を求められる時期が近付いているとも思われる。これも冷静な判断をしよう。

 今年は石鎚国定公園の指定を受け60年になる。昨年石鎚山の2の鎖下に、環境配慮型トイレも完成している。7月1日からはお山開きだ。人の鎖を成就社から頂上まで繋ぎギネスに挑戦するような行事も考えられているようだ。こんなことにも参加し身も心も清めたいとおもう。

石鎚登山にチャレンジしよう。
 
ボックス誠は天の道なり之を誠にするは人の道なり
  
       
      
月刊『致知」2015.7月号より引用  伊與田 覺(論語普及会学監)
 
『善を擇(えら)びて固く之を執る』
 『中庸』という古典に、
「誠は天の道なり。之を誠にするは人の道なり」
という言葉があります。

 誠とは自分にとっても他人にとっても嘘偽(うそいつわ)りのない心、いわば真心のことです。天には道=ルールがありますが、誠こそが天の道であり、天の道を素直に受けて誠にしていくのが人の道である、と説かれています。

 『中庸』を貫く最も重要な徳目は至誠です。修養とは天の道である誠を我が道とするように努力することであり、ここに人間の尊い生き方があるのです。また、そうして真の誠の道に至った人は、「従容(しょうよう)として道に中(あた)る」、すなわち特別に意識せず、ゆったりと余裕を持ちながら正道を得ることができるとあります。

 「七十にして心の欲する所に従えども矩(のり)を踰(こ)えず」

という言葉を残した孔子は、十有五にして立派な人物になることを志し、様々な過ちを犯しながらも修行を続けました。そして七十になってようやく、自分の思いのままに行動してもそれが決して道理に背かないようになったというのです。若い時分から努力を続けてきた結果そういう境地に至ることができたのであり、忽然としてそういう状態になったわけではありません。

 『中庸』では先ほどの言葉の少し後に、

「之を誠にするは、善を擇(えら)びて固(かた)く之を執(と)る者なり」

とあり、自分というものを誠にする者は、善を選んでそれを頑ななくらいに継続実行していこうとする者である、と説かれています。
『倒れる時まで歩み続ける』
 聖賢(せいけん)という言葉を耳にされたことがあるでしょうか。先ほどの従容として道に中る人が聖であり、聖人となるべく努力をしている人のことを賢といいます。賢はまだ努力中ですから、うっかりすると退転して元の木阿弥になることもあります。

 仏教には十界という教えがあり、人間の心の有り様を地獄界、餓鬼界、畜生(ちくしょう)界、修羅(しゅら)界、天上界、声聞(しょうもん)界、縁覚(えんがく)界、菩薩界、仏界の十段階で表しています。一般の人は地獄界から天上界までの六道をくるくると行き来し、上に抜けられずに悩み苦しんでいます。これを哀れに思い、救済を願ってまつられている六人のお地蔵さんが六地蔵だそうです。

 そこから抜け出す第一歩が声聞であり、仏の声を聞きたいという気が心から起こってきます。孔子でいえば、聖賢になりたいと志を立てた十有五の時といえるでしょう。そこから、どうすれば悟ることができるかというその道筋が分かるのが縁覚。いまでいえば学者の世界のようなもので、いろいろ研究をして、この道を通ればいいというのを知る世界です。

 しかし知っただけでは不十分で、それを行動に移していく必要があります。例えば富士山に登る時、どの道を通ったら頂上に登れるかが分かっただけでは登れません。努力してそれを実行していくことが大事です。道筋を知って実行に移していくのが菩薩であり、最後に本当の仏になるのです。

 これはまさしく、天の道である誠を我が道とする過程を表しているともいえるでしょう。

 私たちは表向きはとても弱小な存在のように見受けられますが、天の命によってここに生まれてきており、天と一なる存在なのです。ですから至誠というものは外から来るものではなく、私たちは誰もが生まれた時から天地の心を受けている。これをいかにして発揮していくかということが人生ではないかと思います。

 私は図らずも百歳という年齢になりましたが、人生は年を取ったからもうこのへんでいいというものではありません。命とは働きであり、生きている限り天の道を体現すべく努力を続けることが、この世に生まれてきた意味だと思います。

 倒れる時までは歩み続けるものだと思えば、さほどの負担は感じません。終わりの終わりまで己を磨き、誠の道を歩き続けたいと願っております。

  私たちは誰もが生まれた時から
   天地の心を受けている。これをいかにして
    発揮していくかということが人生ではないか


 
BACK