愛媛県議会議員 明比昭治 いきいき西条 元気な愛媛!! 「輝くふるさと愛媛づくり」
議会報告 No31
 
2月定例県議会を終える
  平成20年度も、厳しい地方財政のため、一般会計予算も切り詰めてのスタートです。
☆地方局は三局とし、地域特性を生かします。
 
人事の選任案件
【知事部局】
・副知事に「高浜 壮一郎」(59才)
・教育長に「藤岡 澄」(60才)
「明比 昭治」は監査委員に、知事から任命される。

【議会】
・議 長に「清家 俊蔵」(5期・八幡浜)
・副議長に「薬師寺 信義」(4期・西予)
「明比 昭治」は建設委員会所属をそれぞれ選任
 
ご意見などお気軽に!
 皆さんの知恵と声を生かす県政に「明比昭治」は取り組みます。
 

「明比昭治」2月議会で活力「えひめ」への提言
    一般質問(要旨)→答弁(要旨)
     
1 先の寄付による「三浦保」愛基金(毎年約5千万円)の活用方法は?
  → 環境整備や社会福祉に役立てる。
2 地域資源を生かした「新ビジネス」の創出と、既存県内企業の新事業への支援強化を!
  → 支援財源に百億円の「ファンド」を充実。
3 団塊の世代を「社会のお荷物」では無く、知識と経験を生かす「社会の宝」としての活用を!
  → 教育分野で150人など配慮する。
4 「野生動植物の多様性保全条例」の目的と、燧難漁業資源の回復の取り組みを求める!
  → 稚魚・稚貝の放流や藻場の育成に努める。
5 平成29年の愛媛国体に向け、ジュニアの育成は?
  → 指導者の充実を計画的に取り組む。
6 10月に皇太子殿下を迎えて開催される「全国育樹祭」の意義をどう生かすのか?
  → 県民の意識啓発に生かしたい。
     
     

BACK